明日すぐに持ちたくなる。《yorozuのレザーアイテム》をご紹介

明日すぐに持ちたくなる。《yorozuのレザーアイテム》をご紹介

By Otsuki Yushi

毎日の着こなしに上質なレザーアイテム、取り入れてみませんか?

使えば使うほどに風合いが増し、美しい経年変化が楽しめるレザーアイテム。

アクティブな雰囲気と和モダンなプロダクトで人気を呼ぶ信頼のジャパンクオリティブランド"yorozu"

上質なレザーと、ギミックを取り入れながら愛着の湧くyorozuのアイテムたちをご紹介します。


yorozuのレザー革は一大産地、姫路で特に手間隙をかけて仕上げられています。

天然植物から抽出したタンニン剤で革をなめし、一点一点手作業で丁寧に作られています。

「革もの=男性的、ワイルド」と、いうイメージを持っているかもしれませんが、「姫路レザーは女性的、繊細」なレザー。

クロム、タンニン両方のコンビ鞣しを時間をかけて、両方おこないますので固くはないですが、しっかりとしたコシも、しっかりあります。

上質なyorozuオリジナルレザーは使うほどに味わいを増し、美しい経年変化を愉しむことができます。

キリハナ角字がま口

キャッシュレス化がすすんでいる昨今、カードが8枚以上入って、小銭がしっかり入れば十分な方も少なくはないはず。

お札も一緒にポケットに折って入れておいても、もちろん良いと思います。

¥22,000+tax

愛する古きものに、yorozuらしさをプラスしました

メインの内側はポケットが1つ。

「古さ」を取り入れた「新しい」プロダクト

フランスから日本に伝わって約140年、その姿をほとんど変えず、親しまれているがま口。

明治のころヨーロッパから入ってきたものです。

yorozuはがま口にレザー紐を加え、ネックレス感覚で着用できる新しい創造を提案しています。


キリハナ角字巾着25

こちらはyorozuのアイコンバッグとして多くのファンから

愛されている名品。

¥23,000+tax

巾着 × 近代性

内蔵されているストラップで首から下げたり、サコッシュ的な使い方も良いです。

巾着ならではの紐をキュッと縛った口の部分の波打ちや、ふんわりとしたシルエットが素朴でかわいらしい本作。

巾着25と巾着30の2サイズ展開です。

開けるたびに楽しい気分になりそうです

裏地は家紋の総柄。

鎌倉時代以降、天皇家の象徴として機能し、活躍が認められた武将の足利尊氏や織田信長らが天皇から授かり広がっていった家紋です。

「巾着」は、いつものコーディネイトにプラスするだけでスタイリングのアクセントになる嬉しいアイテムです。


今回ご紹介したアイテムたちは長くご使用いただき、そのシワ感や、光沢感を日々の軌跡として、仮に新品に変えられるとしても変えたくない愛着がわくものばかりです。

プロダクトチームのひとり、吉田氏からコメントをいただきました

今回ヨロズのブログを書いていただけると言う事で嬉しく思います。

最近バイヤー界隈で、取り扱えないと話題になっているヨロズの吉田と申します(笑)僕自身アクロマティズムさんのファンでして、共通のブランド仲間を通じて、ご縁があり現在ではお取り扱いいただいております。

アクロマティズムさんは、ヨロズを国内で一番ラインナップでお取扱をいただいております。

まだ立ち上げて間もないブランドですが、自信あるモノと僕らが本当に確かだと想えるコトを、繋ぎ時間をかけて一点一点しっかりと製作しております。

手にとっていただけて、ご愛用いただけたら本当に嬉しいです。そしてゆっくりと人から人へ、広がっていけたらとても嬉しいです。

yorozu 吉田

DAIRIKU 2020AW ご予約承ります。

DAIRIKU 2020AWの店頭入荷分のご予約を承ります。予約購入の意思がある方のみ。(内金3割or全額)下調べ感覚のお問合せはお控え頂きますようお願い致します。6月下旬から入荷がスタートしますので...

Yoshikawa yuki ブログ

stein 2020AW ご予約開始します!

stein 2020AWの店頭入荷分のご予約を承ります。予約購入の意思がある方のみ。下調べ感覚のお問合せはお控え頂きますようお願い致します。7月下旬から入荷がスタートしますので、それまで暫しお待ちくだ...

Takamori Sagiri ブログ

ACRMTSM × RANDY

こんにちは。本日入荷してきた中身...ワクワクが止まりません...。去年からジワジワと大槻(ACRMTSMのボス)がRANDYと密かに企画していた別注の話。...

Takamori Sagiri ブログ